ネットワーク(工程の関連付け)

工程の先行、後続の関係を定義しておくと、先頭または途中工程に変更があった場合に、その変更の影響がネットワーク化された他の工程にどのように影響するかを容易に確認することができます。

工程の関連付けを容易に定義

工程計画において、各作業が他の作業とどのように関係しているかは非常に重要な情報となります。

工程’sではマウス操作で簡単に工程の実施順序(先行、後続)および依存関係を定義することができます。矢印でわかりやすく表現され、工程表上で各作業間の関係性を容易に確認することが可能です。

ネットワーク化された工程(バー)の移動

工程表が大規模になるほど、各工程間の関係性は多くなっていきます。1つの工程の変更が複数の先行、後続工程に影響を及ぼすことも少なくありません。

工程’sでは関係づけられた工程を移動した場合、後続する工程の日程を自動的に移動させることができます。間の日数を保ったまま、移動させることが可能になります。

 

お気軽にお問い合わせください

お電話での問い合わせ・ご相談
03-3570-2391
9:30-17:00 年末年始・土日祝日は除く
Webによるお問い合わせ・各種お申し込み