EPMシステム PREGARE(プレガーレ)の特徴

PREGAREは、企業レベルの統合的なプロジェクト管理(エンタープライズ・プロジェクトマネジメント)を目的としたプロジェクト管理パッケージです。

研究開発・設計部門から、製造・生産部門、保守部門にわたる幅広い組織、部門における様々な計画の日程管理、予算・コスト・進捗管理、要員・設備の負荷管理、計画の実績・バージョン管理等にご利用頂けます。

特徴1 企業レベルの統合的プロジェクト管理を実現

ビジネスの発展・向上のためには、社内プロジェクトの採算を把握し、その情報に基づいた生産性向上策の検討、実施が必要となり、企業競争力を強化していかなければなりません。

社内の貴重な経営資源をフル活用し、効率良く業務を遂行するためには、プロジェクト情報の「見える化」が必須となります。まさに、それを実現するための製品がPREGAREなのです。

特徴2 会社全体でのコスト状況を定量化

進行中のプロジェクトの採算が見えない、後から実績が予算をオーバーしていることがわかるなど、プロジェクトのコストトラブル要素は常に発生しています。

PREGAREは常に工数、資源等の情報から実績値を計算し、最新の情報を管理者に提供します。また各業務に適したレポートを出力し、進捗会議や予算会議などの精度を上げることができます。

特徴3「今」が見えることで早期の対応・対策が可能に

プロジェクトの現場状況が見えず、対策が後手に回るということが多くおこりがちです。

PREGAREの導入により、プロジェクト情報や進捗情報の「見える化」が実現します。様々な機能で問題やリスクがある箇所を早期に洗い出し、事前に対応・対策することが可能になります。

全ては、お客さまの「プロジェクトの成功」のために

世界中の現場で”Good job ! ”という言葉が飛び交い、「マネジメントする喜び」が溢れる。私たちは、お客さまと共にプロジェクトマネジメントのあるべき姿を追求し続けます。

お気軽にお問い合わせください

お電話での問い合わせ・ご相談
03-3570-2391
9:30-17:00 年末年始・土日祝日は除く
Webによるお問い合わせ・各種お申し込み