ユーザーの権限設定

画面へのアクセス、データの編集・参照など、多彩な権限を制御し最適なシステム運用を実現します。

多彩な権限設定

ユーザーの所属部署や職位によって、アクセスできる情報のレベルや内容の編集許可レベルは変化していきます。

PREGAREは各機能へのアクセスから各データの編集・参照まで、細かくパーミッションをつけたロール(役割)情報を作成することができます。利用ユーザーの種別に合わせてロールを付与することで、アクセス可能な情報やできるアクティビティの制限を行うことが可能です。

また不要な情報を表示させないようにすることで、よりスムーズなシステム運用ができるようになります。

オブジェクトごとに細かい権限制御が可能

ロール(役割)はユーザーだけでなく、システムの機能ごとにも、プロジェクト(オブジェクト)毎にも権限をつけられるため、多様なユーザー種別の業務フローに対応することができます。

同じユーザーでもプロジェクトごとに役割が違う場合など、柔軟な権限管理を可能にします。

お気軽にお問い合わせください

お電話での問い合わせ・ご相談
03-3570-2391
9:30-17:00 年末年始・土日祝日は除く
Webによるお問い合わせ・各種お申し込み