日本文化を加味したPREGAREの特徴-3.成果物構造・工数報告

フェーズ毎に変化する成果物構造をサポート

同コラムの2でも述べたように、日本の商習慣では、完全なるスコープの合意が形成されていないままに、プロジェクトがスタートする。

プロジェクトを進行させながら、ステークホルダーとの合意形成を平行的に実施し、プロジェクト中期もしくは、それよりも遅いフェーズにて合意を形成していく。

そのためアクティビティの変動のみならず、成果物構造自体がフェーズにより変化していくことを許容せざるを得ない。

一般的なプロジェクトマネジメントシステムでは、プロジェクトのライフサイクルを通して、成果物構造をひとつしか保有できないために、プロジェクト期間中に変動する成果物の変化を正しくトレースしていくことができない。

PREGAREの成果物構造変更機能

PREGAREは、フェーズ(この場合は毎月)毎にプロジェクトの成果物構造を変化させることができるように設計されている。

新しい月の成果物構造は、前月からコピーすることもできるし、他のプロジェクトやテンプレートからコピーしてくることもできる。

また、PREGAREの成果物構造は、工程’sの成果物ビューと同期させることができるために、工程’sで作成した成果物階層や成果物進捗を自動的に取り込むこともできる。

成果物階層構造をフェーズ毎に変動させることができるようになっていることから、日本の商習慣下においても、正確に成果物進捗(出来高進捗)が計算できるのみならず、過去の成果物進捗(出来高進捗)の計算経緯に関するトレーサビリティが向上している。

指示されていないプロジェクトへ工数報告を実行可能

諸外国のプロジェクトマネジメントシステムは性悪説を前提に設計されている。

そのため作業指示が出ていない担当者が該当するプロジェクトへ工数を報告することは許されないような仕様の製品が多い。

一方、日本においては臨機応変に多能工である担当者が自分の担当しているプロジェクト以外のプロジェクトを支援するケースが多く見受けられる。

そこで、PREGAREでは、作業指示を受けていないプロジェクトに対しても、実績工数の報告を実施することができるように設計されている。

ただし、その担当者が当該プロジェクトへのアクセス権を保有しない場合はこの限りでない。

続きはこちら

この記事のキーワード:
EPM
EPMシステム「PREGARE」
プロジェクトの短サイクル化
プロジェクトマネジメント
プロジェクト管理
プロジェクト管理
事業利益率・採算性の改善
執筆者プロフィール
森川勇治
代表取締役社長/早稲田大学・フェリス女学院大学非常勤講師

1960年生まれ、神奈川県横須賀市出身、早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。
現在 株式会社ウェッブアイ代表取締役社長、フェリス女学院大学国際交流学部国際交流学科非常勤講師、早稲田大学創造理工学部経営システム工学科非常勤講師。
日本ボウラーズ連盟会員、国際P2M学会員、日本経営工学会員、日本オペレーションズ・リサーチ学会

1984年 三井造船株式会社入社
1986年 アルテミスインターナショナル株式会社入社
2000年 株式会社ウェッブアイを設立(現在従業員100名)